2010/3/30 火曜日

流行に疎い私

Filed under: その他 — 作者 @ 22:54:17

 mixiのあちこちに蔓延する”CR-Z”のハンドルネーム
 どいつもこいつも気味が悪いなどと思ってたら、マーケティングの手段だったか。もっとも私がCR-Zなど入手しても、事故まっしぐらだが。

 森ガールと聞いて
 ”森三中”のようなジャージ等の家着ファッションを連想したのは私だけではないと思いたい。

 Web会議用としてシゴト場に導入したPlaystation3に触れて
 これって結局のところ、”Pippin @”じゃないのか?

 ※Pippin @が何ぞやという方は、まぁググることです。世代というやつを感じますな。

 相も変わらず流行に疎い私であった。

2010/3/24 水曜日

これが人情というものだ?

Filed under: 制作日記 — 作者 @ 1:14:57

 昨日のこと。
 大学の先輩に顔写真の撮影を頼む。30分程度であっさり終わるかと思いきや、どんどんセットが大がかりになってきて、最終的には先輩の部屋にモノブロックやらレフ板やらスタンドに背景紙やらが乱立する始末。まぁ、職人としての意地とか心意気というものである。写真はしっかりと頂いた。もちろんデータとして頂いた覚えなどない。

 で、今夜。
 先ほどまで件の”作者の撮影ノート”のテキスト原稿を書いてた。明日改めて推敲し直してから、事務局にメール送信する予定。で、Webだけに昨日頂いた”写真”はデータ支給なのだが、気持ち悪い?と思いつつも、ついつい自分の顔をPhotoshopで少しばかりレタッチ。
 まぁ、これが人情というモノらしい。

2010/3/20 土曜日

空振り

Filed under: 制作日記 — 作者 @ 23:08:16

 青春18切符の季節である。相変わらず貧乏くさい?話ではあるが、いまのところ此に勝るツールは無いから仕方ない。

 行き先は越後湯沢方面。朝から高崎線、上越線を乗り継ぐ。以前から狙っていたポイントがあったので、今年こそは押さえておきたかったので。しかし、ねらっていたモノが無い!

 
無い以上仕方ないので、辺りをスナップして回るが、表題の通り空振り。消化不良。早めに切り上げるとする。

 帰りに久しぶりとなる新宿ゴールデン街。以前より出席日数が不足気味?なので、久しぶりに顔を出す。かねてから知る知人のグラビア記事を読んだり、写真集刊行の噂やらいろいろ聞く。いい仕事してる。今は目の前にある課題を何とかクリアすることに徹するか。

2010/3/18 木曜日

創っているのは’写真”である

Filed under: 制作日記 — 作者 @ 22:17:42

 プライベートでの話。デジタルカメラを使っていると、逃れられないであろう台詞。

 「画像データをくれ。」「出来れば、撮影したデータが一式欲しい」

 毎度のこととはいえ、ことあるごとに不快なものである。修正・消去簡単で安易な”データ”の集合体程度の認識らしい。私が造っているのは断じて”データ”ではない。”写真”なのだ。その”データ”作りとやらにも知識や経験則に裏打ちされた最低限の技と、必要な手間暇というものがある。実に報われないモノである。経験豊かなプロだとしたら、なおさらだろう。そんなことから、私はある時から基本的にデータを渡すことを一切やめて、一手間かかるがプリントで渡すことにしている。

 写真として大切にはされないであろうCDやらDVDで自身の手をかけた”写真”を”データ”として安易に渡す気はさらさらないわけで、ケチだと思うのであれば嗤うが良かろう。

 だったら、フィルムで撮れば良い?そういう問題ではない。シゴトの質とその評価のギャップの話である。当然のことながらシゴトの撮影で契約上、画像データ支給を前提にしていたり、物事の進行上どうしてもデータ支給が避けられない場合は別の話。

 とはいえ、モノの創り手を自認する人、もしくはそうありたい人ほど、声を大にして言うべきことである。創っているのは’写真”であると。まぁ、大言壮語言いたい放題はこの辺にしておきましょうか。

毎年のことながら

Filed under: 制作日記 — 作者 @ 22:16:43

 シゴトで横浜のCP+会場。毎年のことながら、ミイラ取りがミイラになった?ような気分にさせられる。土曜日は過労がたたり、風邪引いて寝込む。プリントもWebもやらなければいかんのに。

2010/3/9 火曜日

大凡のスケジュール

Filed under: 制作日記 — 作者 @ 1:18:02

 早くも写真展のDMが出来上がる。流石に今からだと早すぎるので、もう暫く経ってから発送することとしよう。GW明けくらいを予定。

 で、大凡のスケジュール。今回は写真加工は外注。会場の指定業者さんに確認したら、4月末までにプリントを用意することが必須。そうすれば、写真をセットした状態で会場まで持ち込んでくれるとのこと。楽でよい。そう。結局はタイム・イズ・マネーなのだ。そこから約30点のプリントを出力することを想定する。やはり4月いっぱいは必要。

 それと主催者のサイトに”作者の撮影ノート”というコーナーがあるのですが、それにも掲載して頂く予定。もちろんリンクもお願いする予定なので、Webを更新するとか言いつつ全くといって良いほど手つかずではありますが、もう少し作り込んでおく必要はありそうです。

 ただ、また自分の顔写真がいるのですよねぇ。困ったことに、いつぞやのTopEye誌以来、自分の顔写真なんて撮ってもいない。またセルフポートレート撮って、自分の顔をPhotoshopでレタッチしなければならないのか???

次ページへ »

HTML convert time: 0.081 sec. Powered by WordPress ME