2011/3/18 金曜日

首都圏の暮らしぶり

Filed under: その他 — 作者 @ 1:09:45

 この身は無事なれど、先週末からの一週間で日々日常というものは実に脆弱ものであることを実感。

・シゴト場帰りに新宿へ。街の灯りが3分の1。どの店も18時から20時くらいで閉店。なんだか静かで不景気な夜。家電量販店内のけたたましいばかりのBGMも一切無し。とにかく静かなものである。

・夜のスーパーマーケットの売り場に広がるシュールな光景。とにかく米・パン・麺類などありとあらゆる炭水化物がない。あるのは酒と菓子と総菜ばかり・・・昔むかし、偉い人が言いました。パンがなければケーキを食べれば良い(※)のです・・・違うでしょうが。

・外出中にマスクの人が増えている。間違いなく花粉だけのせいではないだろう。

・一昨日、昨日と気温が低い。それでも被災地の惨状を思えば、皆して耐えるのみ。

 我々が出来る最大のことは、日々の経済活動を絶やさないこと。それが被災者のためにも、社会全体にとって最も必要なことであることは確かです。被災地の一日も早い復興を。そして一人でも多くの方の暮らしが被災前の日々日常を取り戻せますように。

※よくセレブの愚かしさとして曲解されて伝わっているが、フランス革命当時の法律に菓子用の高級小麦粉は緊急時に限り主食用の小麦粉と同じ価格で売らなければならないというものがあったらしい。一見場違いなその台詞は、一応国民生活を思いやってのことだったそうな。

2011/3/9 水曜日

ネバー・エンディング・シアター

Filed under: 制作日記 — 作者 @ 0:44:02

 表題は何のことかと言うと、拙作「終わらない劇場」の英語の表題。清里フォトアートミュージアムから今日届いた展示の図録にそう書いてあった。その単語の羅列から連想したことを少しばかり。

 私自身”ぼちぼち”だの”消化不良”などと言いつつ、相変わらずギャラにもならない写真を撮り続けている現状であるが、以前に比べれば”それなり”の自信を持ってはいるつもりではある。だが、皆写真が上手い。シゴト上、ハイアマチュア向けコンテストの入賞作品展などに行くとそのディテールの鮮明さに凹み、同じ図録に出てるような同年代の作家さん達の作品見てると、その取り組みや被写体に対峙する”覚悟”の歴然たる差に凹まされるのである。

 ハイアマチュアのカメラマンには画としてのディテールに及ばず、プロのカメラマンとして飯を食ってる人たちには技巧と営業力と社会的信用に及ばず、そして同年代の作家さんにはその覚悟に及ばずか。現状における私の立ち位置とはこの程度のものである。

 そんなわけで、無理矢理こじつけると私自身が人生を通して演じ続けるであろう”ネバー・エンディング・シアター”とやらの結末は如何なるものか。まだ脚本の続きは白紙であり、どんなストーリーを書き入れるかは自分自身であることだけは、十分に承知しているつもりである。

2011/3/8 火曜日

例によって3月となりました

Filed under: 制作日記 — 作者 @ 23:42:22

 相も変わらず、気分により放置プレイを続けているうちに時間が過ぎてゆく。忙しかったのも確かであった。

 写真はぼちぼち撮影を続けてはいるものの、消化不良が続く。今月から例によって青春18切符の時期である。半分は費用対効果、残りの半分は意地?で各駅停車の旅を続ける予定。

HTML convert time: 0.111 sec. Powered by WordPress ME